ノルウェイの森

食わず嫌いしていた村上春樹にハマる。

ノルウェイの森」。

それにしても上下巻合わせての国内累計発行部数が1000万部以上って途方もない。

こんな日の光の当たらない場所のような、メランコリックな物語を日本中(日本だけではない)の人が読んでいるってどういうことだろう。

 

村上春樹はたいしたこと書いてない。

そう評した人がいるそうだが、本人もたいしたこと書いてるつもりはないんじゃないかって、なんとなく思う。

 

読んでみて正直なところ、こりゃ世間が春樹春樹と騒ぐわけだわ、と思った間抜けな時代遅れである。